ハウジング工匠 |

ハウジング工匠

株式会社

香川建築

新築注文住宅・増値のご相談は不動産を含めて、
当社にお任せください。

当社の方針

 ご相談からプランニング、施工、引き渡し、アフターフォローまで、ムリなく、ムダなく、お客様のライフスタイルや理想を大切にしたご提案をいたします。また、当社では不動産を含めたサポートができるのも強みのひとつです。

工務店での家づくりのメリット・デメリット

 工務店とメーカーハウスの違いは、部屋の間取りを自由に設計できるかできないかというところにあります。メーカーハウスだと間取りはほぼ固定されているので、家に合わせて生活スタイルを合わせる形になりますが、工務店だと今の生活スタイルだけでなく先の生活スタイルも考慮して、設計と建築を相談できるのが最大のメリットになります。ただし、費用につきましては、お客様のご要望やプランにより異なります。

家づくりの流れ

  1. 住まいづくりのご相談
  2. お客様の思い描かれている理想の住まいやご要望について、できる限り詳しくお聞かせください。

    ♢今の住まいに対する不満をお聞きして、お客様の生活スタイルに合う間取りの考え方などをサポートいたします。

  3. 敷地確認・役所調査
  4. マイホーム計画には欠かせない作業です。建物を建てるための諸条件を詳しく調査いたします。

    ♢敷地の寸法・建ぺい率・許容率の確認

    ♢規制・地域協定等の確認

  5. オリジナルプランのご提案
  6. とりまとめたご要望に基づき、お客様だけのオリジナルプランを作成し、概算見積もりと資金計画書とともにご提案をいたします。

  7. 本設計・お申込み
  8. オリジナルプランのご提案に基づき、本設計のお申し込みをいただきます。

    このお申込金は、設計費用など正確に総予算を把握するための実費に充当されます。

  9. プラン・仕様お打合せ
  10. 設備等の仕様とプランの詳細についてお打合せをさせていただきます。

    ♢着工から竣工までの工期の仮設定

    ♢プラン・仕様のお打ち合わせ、確認

    ♢ご契約内容・お支払い条件の設定

    ♢外部付帯工事の概略

  11. 見積書・設計図提出
  12. 設計図とお見積書提出、同時にご融資に関するお手続き及び、お支払い条件についてお打ち合わせいただきます。

    ♢ご要望等のチェック

    ♢仮住まい等のご相談

    ♢ご融資の確認
    ※ご家族皆様で最終チェックをお願いいたします。

  13. ご契約
  14. 見積書・設計図書に基づき、ご契約を締結させていただきます。

    ♢プランにもとづいた仕上げ材・設備等のカラー確認

    ♢仮住まい及び引越しの手続き

    ♢借り入れの手続き

  15. プラン・仕様最終決定
  16. 最終的にプラン・仕様をここで確定していただきます。

    ♢仕様等の保留項目もここで確定していただきます。

    ♢ご融資等の最終手続きの確認

  17. 着工前最終確認
  18. 営業・工事の各担当者を交えて打ち合わせ内容の最終確認をさせていただきます。

    ♢工事担当者の紹介

    ♢工事スケジュールの説明

  19. 着工立会・近隣挨拶
  20. 近隣にご挨拶の上、基礎工事(もしくは解体工事)より着工いたします。

    ♢地鎮祭の執行(お客さまの任意です)

     いよいよ新築工事のスタートです。
    お客様のご入居までハウジング工匠が責任を持って住まいづくりをお手伝いさせていただきます。

  21. 上棟お打ち合わせ
  22. 建築途中の工程を確認していただくため、上棟の打ち合わせを行います。

    ♢上棟式の執行(お客様の任意です)

  23. 工事完了
  24. 全4回の厳しい検査を受け、全ての工事が完了です。

    ♢お客様の検査に向けて、細かいチェックをします。

  25. 竣工地主検査
  26. 全ての工事・検査が完了して、最後にお客様に検査をお願いいたします。

  27. お引渡し
  28. 再度点検を行い、入居可能な状態にしてお引渡しいたします。

  29. アフターメンテナンス
  30. 当社とお客様との永いお付き合いの始まりです。

    ♢いつでも気軽にお声を掛けていただける関係を続けさせていただきます。。

    ♢定期的に担当者がご訪問させていただきます。

    ※新しいお住まいでのお話をたくさんお聞かせいただけると嬉しいです。

新築事例

洋風平屋家屋イメージ画像

住宅正面

 白を基調とした洋風の平屋住宅をイメージして設計しました。

玄関ポーチイメージ画像

玄関ポーチ

 玄関前にプライバシー保護などの目的に、洋風家屋に少し和のテイストを取り入れた格子と玄関ポーチをデザインしました。

窓イメージ画像

 生活空間に自然の暖かさや涼しさを取り込み、季節の移り変わりを感じれるよう、開放感のある窓をデザインしました。

ロフト空間イメージ画像

ロフト

 平屋家屋にロフト空間を取り入れることで、天井近くの空間を有効利用できるようにデザインしました。

キッチンイメージ画像

キッチン

 キッチンの後ろ側の壁面に大型収納や、冷蔵庫などの家電を置くスペースを作りこむことで、キッチン周りの導線をすっきりさせることができるので、掃除もしやすく機能的なキッチンスペースを作ることができます。

キッチンイメージ画像

 キッチンと収納スペースの間は、冷蔵庫の引き出しを楽に出せるようにするために、最低でも120cmは取れるようにご提案をしています。ただし、間のスペースは広く取りすぎてもかえって使い勝手が悪くなってしまうこともあります。お客様のご要望や使用環境に応じて、プランや間取り設計の段階から、ご相談内容を含めてしっかりとサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

キッチンイメージ画像

 今、人気が高まっているのがアイランドキッチンです。広い天板に対してシンクやコンロがフラットに配置されているので、調味料などの置き方を工夫することで使い勝手もさらによくなります。また、広く開放感があるうえ2人で料理を行えることも人気がある理由のひとつです。

>>キッチンについて
    詳しく見る

ハンガーラックイメージ画像

ハンガーラック(玄関収納)

 玄関にハンガースペースを備え付けることで、雨具(カッパ)やコートの収納または、来客者用のコートなどをかけておくなど、お客様次第で活用方法は広がります。

シューズクロークイメージ画像

シューズクローク

 備え付けの大容量の靴収納は内部の仕切りを自由に変更できるようにすることで、いろいろなタイプの靴(スニーカーからブーツまで)を無駄なく収納できるのが魅力です。

シーリングファンイメージ画像

シーリングファン

 シーリングファンを取り付けることによって、空調の効率が上がり省エネ対策にも繋がります。デザインも様々で部屋の雰囲気に合わせたデザインを選択することもできます。
 ただし、シーリングファンの取り付けには、天井の高さや部屋の広さなどの施工条件があるので、ご希望される場合は早めにご相談ください。

内 装

ページのトップへ戻る